(Xcode/iPhone)太鼓アプリ制作、の勉強メモ。

 

「フレームワーク/クラス」

AVFoundation/AVAudioPlayer(音声ファイルを再生するクラス)

AudioToolbox(バイブレーション機能を利用するために使用するフレームワーク)

 

「音声ファイルを読み込む処理」

 – (void)viewDidLoad

{

    [superviewDidLoad];

// Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.

    NSString *path = [[NSBundlemainBundle] pathForResource:@”taiko”ofType:@”wav”];

    NSURL *url = [NSURL fileURLWithPath:path];

    self.taiko = [[AVAudioPlayer alloc] initWithContentsOfURL:url error:NULL];

}

 

「音声ファイルを再生する処理とバイブレーションを実行する処理」

 – (IBAction)playSound {

    

    if (self.taiko.playing) {

        self.taiko.currentTime = 0.0;

    } else {

        [self.taiko play];

    }

    AudioServicesPlaySystemSound(kSystemSoundID_Vibrate);

    

}

 

「音声を扱うことができるフレームワーク」

難易度低い・・・Medio Player、AV Foundation

難易度普通・・・OpenAL、Audio Toolbox、Foundation

難易度高い・・・Audio Unit、Core Media

 

「iPhoneアプリで利用できる音声ファイルの種類」

AAC(.aac、.adts)

AC3(.ac3)

AIFC(.aif、.aiff、.aifc)

AIFF(.aiff)

WAVE(.wav)

MPEG Layer 3(.mp3)

MPEG 4 Audio(.mp4、.m4a)

NEXT/Sun Audio(.snd、.au)

Sound Designer II(.sd2)

Apple Core Audio Format(.caf)

 

「メモ」

・Touch Downイベントはボタンの枠内を指が離れた瞬間に発生

・3.5インチと4インチ両方のディスプレイに対応するために「Type」項目で「Aspect Fill」を選択

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ストーンウェブ代表のFujimoriです。Twitter界隈では「Fujimori@元経営者のマッチョマーケター」として活動しています。
私がWebに関するブログを書き始めたのは2013年1月で、おしブロ(おしい県でWebに携わって働く人のブログ)というブログをはてなブログに開設したのが始まりです。それ以前にも経営してた会社/店舗の代表ブログを書いていましたが「Web」というジャンルに限定するとそんな感じです。
このブログは、2021年10月におしブロの記事を丸々移行してスタートしましたので、2021年10月以前の記事はおしブロで書いたものになります。

目次
閉じる