(Xcode/iPhone)広告アプリ制作、の勉強メモ。

 

「フレームワーク/クラス」

iAD/ADBannerView(iAD広告ネットワークの広告枠になるクラス)

 

「ソースコード1」

 – (void)viewDidAppear:(BOOL)animated

{

    [super viewDidAppear:animated];

    CGRect bannerFrame = self.bannewView.frame;

    bannerFrame.origin.y = self.view.frame.size.height;

    self.bannerView.frame = bannerFrame;

}

・アプリが起動してストーリーボードの画面がアプリに表示された直後に自動的に呼び出し(画面が表示された直後にバナービューを画面の下に隠す)

 

「ソースコード2」

 – (void)bannerViewDidLoadAd:(ADBannerView *)banner

{

    CGRect bannerFrame = banner.frame;

    bannerFrame.origin.y = self.view.frame.size.height – banner.frame.size.height;

    

    [UIViewanimateWithDuration:1.0animations:^{

        banner.frame = bannerFrame;

    }];

    NSLog(@”広告在庫あり”);

}

・表示する広告在庫があった場合にバナービューを画面上に表示

 

「ソースコード3」

– (void)bannerView:(ADBannerView *)banner didFailToReceiveAdWithError:(NSError *)error

{

    CGRect bannerFrame = banner.frame;

    bannerFrame.origin.y = self.view.frame.size.height;

    

    [UIViewanimateWithDuration:1.0animations:^{

        banner.frame = bannerFrame;

    }];

    NSLog(@”広告在庫なし”);

・広告在庫がないときにバナービューをビューの下に移動

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ストーンウェブ代表のFujimoriです。Twitter界隈では「Fujimori@元経営者のマッチョマーケター」として活動しています。
私がWebに関するブログを書き始めたのは2013年1月で、おしブロ(おしい県でWebに携わって働く人のブログ)というブログをはてなブログに開設したのが始まりです。それ以前にも経営してた会社/店舗の代表ブログを書いていましたが「Web」というジャンルに限定するとそんな感じです。
このブログは、2021年10月におしブロの記事を丸々移行してスタートしましたので、2021年10月以前の記事はおしブロで書いたものになります。

目次
閉じる