(Xcode/iPhone)辞書アプリ制作、の勉強メモ。

 

「フレームワーク」

UIKit

 

「クラス」

UIReferenceLibraryViewControllerクラス(辞書を表示するクラス)

UISearchBarクラス(検索フィールドを表示するクラス)

 

「ソースコード」

 – (void)searchBarSearchButtonClicked:(UISearchBar *)searchBar

{

    NSString *term = searchBar.text;

    UIReferenceLibraryViewController *controller = [[UIReferenceLibraryViewControlleralloc] initWithTerm:term];

    [selfpresentViewController:controller animated:YEScompletion:NULL];

    [searchBar resignFirstResponder];

}

・引数で受け取った「辞書で調べたい文字列」をterm変数に代入

・termを引数にしてUIReferenceLibraryViewControllerクラスのインスタンスを作成

・presentViewController:animated:completion:メソッドで画面の上にモーダルビューコントローラを表示

・サーチバーのresignFirstResponderメソッドを呼び出すことでキーボードを隠す

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ストーンウェブ代表のFujimoriです。Twitter界隈では「Fujimori@元経営者のマッチョマーケター」として活動しています。
私がWebに関するブログを書き始めたのは2013年1月で、おしブロ(おしい県でWebに携わって働く人のブログ)というブログをはてなブログに開設したのが始まりです。それ以前にも経営してた会社/店舗の代表ブログを書いていましたが「Web」というジャンルに限定するとそんな感じです。
このブログは、2021年10月におしブロの記事を丸々移行してスタートしましたので、2021年10月以前の記事はおしブロで書いたものになります。

目次
閉じる