Office for Mac 2011のExcelの動作が遅すぎるときの対処法。

f:id:lord_cashew:20150306215719p:plain

元々Windowsを使っていた流れでビジネス文書や表計算ではOffice for Mac 2011を使っているのですが、中でもEXCELが時折凄まじく動作が遅くなったりすることがあります。上書き保存するのに30秒以上かかったり矢印キーでセルを移動するのに凄まじくレスポンスが悪かったり、とにかくあまりにも動作が遅くて仕事にならないレベルです。

そこでググっていろいろと調べてみたら、ある対処法を行うとEXCELの動作が劇的に改善するというものがあって、実際にやってみたら確かにかなりの改善が見られたので、備忘録も兼ねてメモしておこうと思います。

 

目次

OfficeとEXCELの初期設定ファイルを削除する

f:id:lord_cashew:20150306221355p:plain

Finderで「user > ライブラリ > Preferences」の中にある com.microsoft.office.plist」とcom.microsoft.Excel.plist」の二つのファイルを削除しましょう(もしくは別の場所に移動しておいても良いです)。

これらのファイルは OfficeとExcelの初期設定を記録するファイルで、Preferencesからこれらのファイルを削除してファイルが存在しない状態にすると、ExcelなどのOfficeソフトを起動したときに新しく同じ名前の初期設定ファイルが自動生成されます。

 

この作業を行うだけでExcelの動作がとても軽快になります(管理人の場合は劇的に改善しました)。

 

ちなみに「com.microsoft.office.plist」を消去するだけで改善したという情報もありましたので、まずは「com.microsoft.office.plist」だけ削除して様子見して改善していないようなら「com.microsoft.Excel.plist」を削除してみる、という二段階での対応を行っても良いかもしれません。

 

*上記作業を行う際は自己責任で行って下さいね。

 

Microsoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパック [ダウンロード] (PC3台/1ライセンス)

Microsoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパック [ダウンロード] (PC3台/1ライセンス)

 
Microsoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパック [パッケージ] (PC3台/1ライセンス)

Microsoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパック [パッケージ] (PC3台/1ライセンス)

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ストーンウェブ代表のFujimoriです。Twitter界隈では「Fujimori@元経営者のマッチョマーケター」として活動しています。
私がWebに関するブログを書き始めたのは2013年1月で、おしブロ(おしい県でWebに携わって働く人のブログ)というブログをはてなブログに開設したのが始まりです。それ以前にも経営してた会社/店舗の代表ブログを書いていましたが「Web」というジャンルに限定するとそんな感じです。
このブログは、2021年10月におしブロの記事を丸々移行してスタートしましたので、2021年10月以前の記事はおしブロで書いたものになります。

目次
閉じる