Webデザイナーになるには?仕事内容・必要なスキル・将来性など

この記事では、Webデザイナーがどんな仕事をしているのか、Webデザイナーになるにはどんなスキルが必要なのか、Webデザイナーの将来性、などについて紹介します。

目次

Webデザインとは

Webデザインとは、Webサイトの企画、制作、保守を行うことです。Webプログラミング、Webコンテンツ制作、Webサーバー設定など、さまざまなスキルと分野を含みます。

Webデザインの目的

webデザインの目的は、使いやすく、かつ視覚的に魅力的なWebサイトを作ることです。優れたデザインのWebサイトは、訪問者の注意を引き付け、飽きさせないようにすることができます。また、訪問者が探している情報を見つけることができるように、サイトは簡単にナビゲートできる必要があります。

グラフィックデザインとの違い

グラフィックデザインは、Webサイトのビジュアルコンテンツを作成するプロセスです。これには、画像、ロゴ、その他の視覚的要素の作成が含まれます。Webデザイナーは、グラフィックデザインの要素を用いて、視覚的に魅力的で使いやすいWebサイトを作成することができます。

UI/UXデザインとの違い

UI/UXデザインは、Webサイトの見た目や使い勝手に関わるものです。レイアウト、配色、サイトの全体的な外観などが含まれます。UI/UXデザイナーは、視覚的に魅力的で、使い勝手の良いWebサイトを制作するために活動します。

Webデザイナーとは

Webデザイナーとは、Webサイトの設計・開発を専門に行う人のことです。Webデザイナーは、さまざまなスキルを駆使して、サイトの見た目や雰囲気、レイアウトなど、機能性と美しさを兼ね備えたWebサイトを制作します。Webデザイナーは、Web制作、グラフィックデザイン、開発に対する理解が必要で、さらにユーザーエクスペリエンス(UX)やWebアクセシビリティに対する理解も必要になります。

Webデザイナーの仕事の流れと内容

Webデザイナーの仕事は、インタビューの実施、要件定義、ワイヤーフレームの作成、デザインの作成、コーディング、という流れで進んでいくのが一般的です。

1.ヒアリングを行う

Webデザイナーとして最初に行うべき仕事のひとつに、ヒアリングがあります。これは、クライアントのニーズや要望を理解するために重要です。ヒアリングでは、クライアントに様々な質問をし、Webサイトに対するビジョンを理解します。クライアントのビジョンを理解したら、次のステップに進みます。

2.要件定義

次のステップは、Webサイトの要件を定義することです。これには、Webサイトの機能性やデザイン要素などが含まれます。要件定義が完了したら、次のステップに進みます。

3.ワイヤーフレームの作成

次のステップは、ワイヤーフレームを作成することです。これは、Webサイトの設計図を作成するために重要です。ワイヤーフレームを作成することで、Webサイトのレイアウトや、さまざまな要素がどのように連動するのかを理解することができます。ワイヤーフレームを作成したら、次のステップに進みます。

4.デザインを作成する

次のステップは、Webサイトのデザインを作成することです。これには、配色やWebサイト全体の外観などが含まれます。デザインを作成したら、次のステップに進みます。

5.コーディング

最後の工程は、Webサイトのコーディングです。これには、HTMLやCSSなどのコーディングが含まれます。コーディングが完了したら、Webサイトを立ち上げ、世界に向けて公開することができます。

Webデザイナーになるために必要なスキル

Webデザイナーになるためには、Webデザインの技術的側面とクリエイティブな側面の両方について、しっかりと理解している必要があります。技術面では、HTML、CSS、JavaScriptに精通していることが必要です。また、Webサーバーの管理やWebホスティングに関する知識も必要です。クリエイティブな面では、視覚的に魅力的でユーザーフレンドリーなデザインを作成する能力が必要とされます。技術力と創造力に加え、問題解決能力とコミュニケーション能力も必要です。

デザインの知識

ユーザーフレンドリーで視覚的に魅力的なWebサイトを制作するためには、Webデザイナーはデザインの原則をしっかりと理解している必要があります。Webデザインにおいて最も重要なデザイン原則には、ユーザビリティ、視覚的階層構造、タイポグラフィなどがあります。

Webサイトの企画・設計に関するスキル

Webデザイナーには、クライアントのニーズを満たすWebサイトを企画・デザインする能力が求められます。これには、クライアントのビジネスゴールやターゲット層を理解し、その層に訴求するWebサイトを制作することが含まれます。

IllustratorやPhotoshopなどのデザインソフトの使用スキル

Webサイトを制作するためには、デザインソフトを使いこなすことが必要です。AdobeのPhotoshopやIllustratorなどがこれにあたります。これらのソフトを使って、グラフィック、レイアウト、プロトタイプを作成することができることです。

HTMLやCSSなどのコーディングスキル

Webサイトを制作するために、Webデザイナーにはコーディングのスキルが求められます。HTMLやCSSなどの言語がこれにあたります。あらゆるブラウザやデバイスに対応できるようなコーディングができることが必要です。

WordPressのカスタマイズスキル

WordPressを使いこなせるWebデザイナーは、クライアントのニーズに合わせてカスタマイズされたWebサイトを制作することができます。WordPressのテーマやプラグイン、ウィジェットの選定やインストール方法などを理解していることも含まれます。

Webマーケティングに関する知識

成功するWebサイトを作るためには、WebデザイナーはWebマーケティングの知識を持っていなければなりません。これには、SEOを利用してWebサイトにアクセスを誘導する方法や、Webサイト訪問者を顧客に転換する方法などを理解することが含まれます。

SEOの知識

Webデザイナーは、検索エンジンで上位に表示されるWebサイトを作成するために、SEOの知識を持っている必要があります。これには、適切なキーワードの選択方法、検索エンジン向けにウェブサイトのコンテンツを最適化する方法などを理解することが含まれます。

サーバーに関する知識

Webデザイナーは、サーバーにホストされるWebサイトを作成するために、サーバーに関する知識を持っている必要があります。これには、適切なサーバーの選択方法と、Webサイト用のサーバーの設定方法を理解することが含まれます。

Webデザインの勉強法

Webデザインを学ぶには、さまざまな方法があります。書籍、学習サイト、YouTubeチャンネル、セミナー、オンラインコース、通学制の学校などから学ぶことができます。それぞれの方法には、メリットとデメリットがあります。

書籍で学ぶ

Webデザインを学びたいのであれば、Webデザインの教科書を買うとよいでしょう。例えば、HTMLを学びたいのであれば、HTMLについて書かれている本を購入するとよいでしょう。また、わかりやすい本であることも重要です。Webデザインの本には、専門用語が多くてわかりにくいものがたくさんあるので、そのような本は避けた方が良いでしょう。

学習サイトで学ぶ

インターネット上には、たくさんの学習サイトがあり、これらのサイトを利用してWebデザインを学ぶことができます。これらのサイトでは、Webサイトのデザインの仕方を教えてくれるチュートリアルをたくさん見つけることができます。

YouTubeチャンネルで学ぶ

Webデザインに関するチュートリアルを提供しているチャンネルはたくさんあります。これらのチュートリアルを見て、Webサイトのデザイン方法を学ぶことができます。

セミナーで学ぶ

Webデザインに関するセミナーは数多く開催されています。これらのセミナーでは、Webデザインの最新トレンドについて学ぶことができます。また、Webデザインで使用される最新のツールやテクニックも学ぶことができます。

オンラインコースで学ぶ

インターネット上には、多くの講座があります。これらのオンライン講座は、Webデザインを学ぶのに最適な方法です。

通学制スクールで学ぶ

Webデザインに関する講座を開いているスクールはたくさんあります。これらのスクールでは、Webデザインの最新トレンドを学ぶことができます。また、Webデザインで使用される最新のツールやテクニックについても学ぶことができます。

Webデザイナーに向いている人

Webデザインに興味があり、必要なスキルがあれば、誰でもWebデザイナーになることができます。ただし、Webデザインは競争の激しい分野であることに注意する必要があります。
また、Webデザインは、クリエイティブとテクニックの両方を持っている人に向いている分野です。デザインと技術の両方に強い情熱を持っているなら、Webデザインはあなたにぴったりの仕事かもしれません。クリエイティブで技術的であることに加え、問題解決能力やコミュニケーション能力も必要とされます。

Webデザイナーの将来性

Webデザインの将来は非常に有望です。インターネットの継続的な成長に伴い、企業がオンラインで存在感を示す必要性がますます高まっているため、Webデザインの需要は拡大すると予想され、より多くのWebサイトと、より多くのWebデザイナーが必要とされます。さらに、従来のWebデザインに加え、モバイルアプリデザインやレスポンシブデザインを専門とするデザイナーも必要とされています。また、Webデザインの分野は常に進化しているため、Webデザイナーは最新のトレンドに対応する必要があります。

Webデザイン業界の現状

Webデザイン業界は急成長していますが、Webデザイン業界が急成長している理由はいくつかあります。まず、インターネットを利用する人の数が増えていること。より多くの人がモバイルデバイスでインターネットを利用しており、この傾向は今後も続くと予想されます。その結果、レスポンシブ・ウェブデザインの需要が高まっています。第二に、Eコマース業界も急成長しています。2018年から2023年にかけて、オンライン売上は20%近く成長すると予想されています。これもウェブデザイナーの需要が高まっている理由のひとつです。

Webデザイナーの将来が不透明な理由とは?

Webデザイン業界は急成長していますが、Webデザイナーの将来は不透明です。それは、業界の変化が激しく、Webデザイナーとして活躍するために必要なスキルも変化しているためです。
Webデザイナーの将来に影響を与える変化として、人工知能(AI)や機械学習の利用が進んでいることが挙げられます。これらの技術を活用し、ユーザーの好みに合わせてレイアウトやデザインを自動調整できるWebサイトが登場しています。これにより、コーディングやデザインのスキルを必要としないWebサイトの制作が可能になりつつあります。

生き残るWebデザイナーになるためには?

近年、Webデザインに使用されるツールや技術は、大きな変化を遂げています。特に、レスポンシブデザインの台頭や、様々なデザインフレームワークの利用により、Webデザイナーの作業効率は大きく向上しています。しかし、刻々と変化するトレンドやテクノロジーに対応するため、Webデザイナーは常にスキルをアップデートし、時代の先端を行く必要があります。

Webデザイナーのキャリアパス

Webデザイナーは、ジュニアデザイナーやアシスタントデザイナーとしてキャリアをスタートさせることが多いようです。経験と優れたポートフォリオがあれば、シニアデザイナーやリードデザイナーに昇進することができます。また、フリーランスとして独立したり、デザインスタジオを立ち上げたりするデザイナーもいます。
Webデザイナーは、常にスキルをアップデートし、変化し続けるトレンドや技術に適応していくことができれば、将来も安泰です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ストーンウェブ代表のFujimoriです。Twitter界隈では「Fujimori@元経営者のマッチョマーケター」として活動しています。
私がWebに関するブログを書き始めたのは2013年1月で、おしブロ(おしい県でWebに携わって働く人のブログ)というブログをはてなブログに開設したのが始まりです。それ以前にも経営してた会社/店舗の代表ブログを書いていましたが「Web」というジャンルに限定するとそんな感じです。
このブログは、2021年10月におしブロの記事を丸々移行してスタートしましたので、2021年10月以前の記事はおしブロで書いたものになります。

目次