Gutenbergエディター徹底解説!WordPressで効果的なSEO対策を実現する方法

目次

はじめに

この記事では、WordPressを使って自分でWebサイトを制作しようと考えている中小企業の経営者を対象に、WordPressのエディター「Gutenberg(グーテンベルク)」の使い方と基礎知識を解説していきます。これを読めば、Gutenbergエディターを使って効果的なWebコンテンツを制作し、SEO対策も行えるようになります。

WordPressとは

WordPressの歴史

WordPressは、2003年にMatt MullenwegとMike Littleによって開発されたオープンソースのCMS(コンテンツ管理システム)です。当初はブログ専用のシステムとして開発されましたが、今では企業サイトやECサイトなど、様々なジャンルのWebサイト制作に利用されています。

WordPressの特徴

自由なカスタマイズ性

WordPressはオープンソースであるため、無料で利用できるだけでなく、自由にカスタマイズが可能です。多くのプラグインやテーマが提供されており、それらを組み合わせることで、独自のデザインや機能を持つWebサイトを構築できます。

サポート体制

WordPressは世界中で広く利用されているため、情報が豊富でサポート体制が整っています。日本語をはじめ、多言語でのドキュメントやフォーラムが用意されており、困ったときにはすぐに解決策を見つけることができます。

SEO対策のしやすさ

WordPressは、検索エンジンに対して最適化された構造を持っているため、SEO対策がしやすいとされています。さらに、専用のSEOプラグインを利用すれば、より効果的なSEO対策が行えます。

Gutenbergエディターとは

Gutenbergエディターの登場背景

Gutenbergエディターは、2018年にWordPressのデフォルトエディターとして導入されました。従来のエディターは、テキストベースで操作が直感的でなく、見た目通りにデザインができないという課題がありました。これに対し、Gutenbergエディターは視覚的な操作が可能で、ブロックベースの構造を採用しています。

Gutenbergエディターの特徴

ブロックベースの構造

Gutenbergエディターは、ブロックベースの構造を採用しており、ページを構成する要素を個別のブロックとして扱います。これにより、コンテンツを柔軟に配置し、編集することが容易になりました。

視覚的な操作性

Gutenbergエディターは、視覚的な操作性が特徴です。ドラッグアンドドロップでブロックを移動させたり、ブロックのスタイルをリアルタイムでプレビューしながら変更できます。これにより、デザイン作業が直感的で効率的に行えるようになりました。

レスポンシブデザインのサポート

Gutenbergエディターは、レスポンシブデザインをサポートしています。つまり、デバイスの画面サイズに応じてレイアウトが自動的に調整されるため、スマートフォンやタブレットでも適切な表示が可能です。

Gutenbergエディターの基本操作

ブロックの追加方法

一般的なブロックの追加

Gutenbergエディターでは、ブロックを追加するには、ページ上で「+」ボタンをクリックし、ブロックの種類を選択します。テキストや画像、見出し、リストなど、様々な種類のブロックが用意されています。

再利用可能なブロックの追加

繰り返し利用するコンテンツを効率的に追加するために、「再利用可能なブロック」機能があります。これを使うことで、一度作成したブロックを別のページでも簡単に追加できます。

ブロックの編集方法

テキストの編集

テキストブロックを編集するには、ブロック内のテキストを直接選択して入力や編集を行います。文字のスタイルやサイズ、色なども、ブロックの設定パネルから変更できます。

ブロックのスタイル変更

ブロックのスタイル変更は、選択したブロックの設定パネルから行います。例えば、画像ブロックの場合、画像のサイズや位置、丸みを帯びた角などのスタイルを変更できます。

ブロックの配置と移動

ブロックのドラッグ&ドロップ

ブロックを移動させるには、ドラッグアンドドロップ機能を利用します。ブロックを選択し、マウスでグリップアイコンをドラッグして、目的の位置にドロップすることで、簡単にブロックの配置を変更できます。

ブロックの上下移動

ブロックの上下移動は、選択したブロックの左側に表示される矢印アイコンをクリックすることで行えます。上向き矢印をクリックするとブロックが1つ上に移動し、下向き矢印をクリックすると1つ下に移動します。

GutenbergエディターでのSEO対策

Gutenbergエディターでの見出しの使い方

H1, H2, H3見出しの重要性

Gutenbergエディターを使ってコンテンツを作成する際、見出し(H1, H2, H3など)を適切に使用することがSEO対策に重要です。見出しはコンテンツの構造を示し、検索エンジンがコンテンツの重要度を判断する際に役立ちます。

見出しの適切な使用方法

Gutenbergエディターでは、見出しブロックを追加して適切なレベルの見出しを設定できます。H1見出しはページ全体の主題を示すため、1ページに1つだけ設定しましょう。H2やH3見出しは、それぞれコンテンツのサブセクションを示すために使用します。

Gutenbergエディターでの画像最適化

画像の選択と挿入

Gutenbergエディターで画像を挿入するには、画像ブロックを追加し、メディアライブラリから画像を選択するか、PCからアップロードしてください。

画像のSEO対策

画像のサイズと圧縮

画像の読み込み速度は、ページの表示速度や検索エンジンの評価に影響します。適切なサイズにリサイズし、圧縮して最適化することが重要です。

画像の代替テキスト(Altタグ)

画像に代替テキスト(Altタグ)を設定することで、検索エンジンが画像の内容を理解しやすくなります。Gutenbergエディターで画像ブロックを選択し、設定パネルから代替テキストを入力してください。

Gutenbergエディターでの内部リンクの活用

内部リンクの重要性

内部リンクは、Webサイト内の関連するページへのリンクであり、SEO対策に役立ちます。内部リンクを適切に設定することで、ユーザーがサイト内で情報を探しやすくなり、検索エンジンがサイトの構造を理解しやすくなります。

内部リンクの設定方法

Gutenbergエディターで内部リンクを設定するには、テキストブロックやボタンブロックを利用します。リンクしたいテキストやボタンを選択し、リンクアイコンをクリックして、リンク先のURLを入力します。検索機能を使って、サイト内の関連ページを簡単に検索できます。

まとめ

この記事では、WordPressのGutenbergエディターの使い方と基礎知識を解説しました。Gutenbergエディターを使いこなせば、効率的に美しいデザインのWebコンテンツを制作し、SEO対策も行うことができます。ぜひ、この記事を参考に、Gutenbergエディターを活用して自社のWebサイト制作に取り組んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【略歴】
システム会社に営業として十年程度勤めた後、独立してWeb関連など複数の会社を設立。独学でHTML・CSSを学び自社Webサイトを制作し、実践にてSEOとWebマーケティングの独自ノウハウを得る。十数年の会社経営後、全ての会社を廃業。現在はストーンウェブにて SEO x AI x SNS の事業を展開。
【会員】
全日本SEO協会会員 / SHIFT AI会員 / 生成AI活用普及協会個人会員 / AI Database Newsletter購読
【資格 / 検定 / 修了】
AI For Everyone 修了 / ネットマーケティング検定 / ITパスポート / 初級システムアドミニストレータ 他

目次