WordPressサイトをGoogleサーチコンソールで最適化する方法

目次

はじめに

この記事では、WordPressを使ったWebサイトを運営する中小企業の経営者向けに、Googleサーチコンソールの登録・設定方法をわかりやすく解説します。この記事を読むことで、Googleサーチコンソールを活用したSEO対策や分析方法が理解できるようになります。

WordPressとGoogleサーチコンソールの概要

WordPressとは

WordPressは、世界中で広く使われているCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。独自ドメインを持ったWebサイトやブログを簡単に作成・運営できるように設計されており、多くのプラグインやテーマが利用可能です。

Googleサーチコンソールとは

Googleサーチコンソールは、Google検索エンジンに関連する情報やツールを提供する無料のWebサービスです。Webサイトの検索パフォーマンスの確認や、クロールエラーのチェック、サイトマップの登録などができます。

Googleサーチコンソールの機能

Googleサーチコンソールには、以下のような機能があります。

  • サイトの検索パフォーマンスレポートの確認
  • サイトマップの登録と削除
  • インデックスされたページの確認
  • クロールエラーのチェックと対処
  • 構造化データの確認と修正

WordPressサイトをGoogleサーチコンソールに登録する方法

1. Googleサーチコンソールのアカウント作成

まずは、Googleサーチコンソールのアカウントを作成します。Googleアカウントがあれば、サーチコンソールにログインして利用開始できます。

2. サイトのプロパティを追加

次に、サーチコンソールにWordPressサイトのプロパティ(ドメインやURLプレフィックス)を追加します。

ドメインの追加

ドメインを追加する場合、DNSレコードを利用して所有権を証明する必要があります。

URLプレフィックスの追加

URLプレフィックスを追加する場合、HTMLファイルのアップロードやHTMLタグの追加など、いくつかの方法で所有権を証明できます。

3. サイトの所有権の確認

プロパティを追加した後は、サイトの所有権を確認する必要があります。いくつかの方法がありますので、自分にとって最適なものを選んでください。

HTMLファイルをアップロード

Googleサーチコンソールから提供される専用のHTMLファイルを、WordPressサイトのルートディレクトリにアップロードして所有権を証明します。

HTMLタグを追加

Googleサーチコンソールで生成されるHTMLタグを、WordPressサイトの<head>タグ内に追加して所有権を証明します。

DNSレコードの追加

ドメインの管理画面から、Googleサーチコンソールで提供されるTXTレコードを追加して所有権を証明します。

Google Analyticsを利用

すでにGoogle Analyticsを設定している場合、それを利用して所有権を証明することもできます。

Googleタグマネージャを利用

Googleタグマネージャを使っている場合、それを利用して所有権を証明できます。

WordPressサイトの設定と最適化

WordPressでのGoogleサーチコンソール設定

サイトマップの作成と登録

WordPressで作成したサイトマップをGoogleサーチコンソールに登録することで、Googleがサイトのページを効率的にクロールできるようになります。多くのSEOプラグインで簡単にサイトマップを作成できます。

ページのインデックス設定

ページごとにインデックスの設定ができます。インデックスされるべきページとそうでないページを適切に設定しましょう。

SEOプラグインの活用

WordPressでは、SEOプラグインを使ってサイトのSEO対策を行うことができます。いくつかの人気プラグインを紹介します。

人気のSEOプラグイン紹介

Yoast SEO

Yoast SEOは、世界中で非常に人気のあるSEOプラグインです。記事ごとのキーワード最適化や、サイトマップの自動生成、リダイレクト設定など、多機能なプラグインです。

All in One SEO Pack

All in One SEO Packは、シンプルで使いやすいSEOプラグインです。初心者でも簡単に使える機能が揃っています。

Rank Math

Rank Mathは、近年人気が急上昇しているSEOプラグインです。軽量で高速な動作が特徴で、多彩な機能を提供しています。

キーワードの選定と記事作成

キーワードリサーチの方法

適切なキーワードを選定することが、SEO対策において非常に重要です。キーワードリサーチツールを利用して、検索ボリュームや競合状況を調査しましょう。

記事作成のポイント

記事作成時には、以下のポイントを意識してください。

  • キーワードを適切に配置し、過剰な繰り返しを避ける
  • わかりやすい文章構造と見出しを使う
  • 内部リンクと外部リンクを適切に設定する
  • 画像や動画を活用して情報を伝える

Googleサーチコンソールを活用した分析と改善

検索パフォーマンスレポートの活用

Googleサーチコンソールの検索パフォーマンスレポートを利用して、クリック数や表示回数、クリック率、平均掲載順位などを確認できます。これらのデータをもとに、SEO対策の改善やコンテンツの見直しを行いましょう。

サイトのクロールエラーのチェックと対処

Googleサーチコンソールで、クロールエラーやインデックスエラーをチェックすることができます。エラーが発生している場合は、速やかに対処しましょう。

検索コンソールの再送信を利用してインデックスの更新

コンテンツの更新や、エラーの修正が完了したら、Googleサーチコンソールの再送信機能を使ってインデックスを更新しましょう。これにより、Googleが最新の情報を反映して検索結果に表示してくれます。

まとめ

本記事では、WordPressを使ったWebサイトを運営する中小企業の経営者向けに、Googleサーチコンソールの登録・設定方法と活用方法を解説しました。Googleサーチコンソールをうまく活用することで、WebサイトのSEO対策を効果的に行うことができます。是非、今回の記事を参考にして、自社のWebサイトの検索エンジン対策に役立ててください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【略歴】
システム会社に営業として十年程度勤めた後、独立してWeb関連など複数の会社を設立。独学でHTML・CSSを学び自社Webサイトを制作し、実践にてSEOとWebマーケティングの独自ノウハウを得る。十数年の会社経営後、全ての会社を廃業。現在はストーンウェブにて SEO x AI x SNS の事業を展開。
【会員】
全日本SEO協会会員 / SHIFT AI会員 / 生成AI活用普及協会個人会員 / AI Database Newsletter購読
【資格 / 検定 / 修了】
AI For Everyone 修了 / ネットマーケティング検定 / ITパスポート / 初級システムアドミニストレータ 他

目次